HOME > トップメッセージ

100年の安心と安全の実現に向けて

戦後の経済成長から急速に整備が行われた我国の社会資本(インフラ)は、高齢化に伴う劣化や損傷などの問題で、安全・安心であるべき社会生活に暗い影を及ぼそうとしています。また、我国特有の問題として大きな地震や水害などを代表とする自然災害が、一瞬にして社会生活を崩壊させる危険性をはらんでいる中、緊急時のライフラインとしての性能や、車両の大型化など過酷さを増す交通需要など、ますますインフラに対する要求が高度化しているのが現状であります。
 現在強靭なインフラを目指して様々な取組みが進められていますが、現状のサービスを低下させることなく迅速で効率的な整備を行うためには、新規のインフラ整備にも増して既存のインフラを如何に安全に継続して使い続けるかが重要な課題です。それに応えるためには、点検・診断・対策のサイクルによる予防保全的維持管理が確実に実施できる技術と体制が必要であり、それらを担う専門技術者が不可欠です。
 このような状況の中、MKエンジニアリング株式会社(MK Engineering,inc.)は、橋梁・道路・鉄道・鋼構造物などのインフラの維持管理に関する総合エンジニアリング事業を担う会社として設立されました。

 我々は、維持管理(Maintenance)に対する、実験・解析などにより裏付けられた知識と経験(Knowledge)を生かし、維持管理の最前線で、正確な状況把握と分析、緊急性の判断、適切な補修計画とその実施を実現します。我々は、100年の安心と安全を実現するために、機動性に富む現場技術を備え持った専門技術者集団として日々研鑽に励み、インフラを支えて参ります。




MKエンジニアリング株式会社
代表取締役社長
竹之内 博行
President, Hiroyuki Takenouchi

ph_社長写真.psd