KMリフト工法

鋼構造物における垂直接合部の補修補強方法、及び、垂直接合部用補強材(特許第6386616号)

KMリフト工法は、鋼床版箱桁橋の垂直補剛材とデッキプレート溶接部に発生する損傷に対する、新しい補修工法です。
本工法は、従来工法と異なる手法でデッキプレートと専用に設計された補強部材を密着させ、高い補修効果を得るとともに、最適に配置された補剛部材により、損傷しているまわし溶接部の常時視認を可能としています。

詳細は、下記資料をご覧ください。

更に詳しい情報やお問い合わせは、お問合せフォームやお電話でお待ちしております。
お問合せ