柱路面境界部検査システム

超音波による路面境界部の非破壊検査システム「キズミー1」(NETIS登録No.KT-130057-V)

130057-v.jpg

超音波を使用して鋼製支柱の路面境界部の検査を行う技術であり、従来の掘削後に目視及び超音波厚さ計で行う検査に比べ、センサーを地上部から接触させるだけで検査する方法であるため、掘削・復旧の工程がなくなり、工期短縮・コスト縮減・安全性の向上が図れます。
市街地等での検査において、周囲への影響を最小限に抑えるこたができ、騒音が発生しないため、特に有効と考えられます。