HOME > MKEからのお知らせ > 過去のお知らせ

Topics(2012年~2015年)

2015.12.17
【平成27年度鋼構造物の耐候耐久研究会】に耐候性鋼橋梁研究会会員として参加致しました。
2015.09.16~18
平成27年度全国大会 第70回年次学術講演会において以下2編の発表をしました。
「既設耐候性鋼橋梁における濡れ時間割合が腐食減耗量に及ぼす影響」
「パイプ型落橋防止装置の防食性能に関する研究」
2014.10.30
2014.05.26
芝浦工業大学土木工学科穴見研究室のゼミにて、『鋼製橋梁の損傷状況と対策および今後のレトロフィット』と題した発表を行いました。
2014.05.26
2014年3月、弊社が共同開発している【支柱路面境界部検査システム】が、国土交通省関東地方整備局より経済性、工程、環境に優れた技術であると新技術活用評価会議にて評価を受けました。
詳細につきましてはNETISのHPまたは、弊社にお問い合わせ下さい。
2014.05.26
2014年1月より琉球大学構造工学研究室下里准教授と辺野喜暴露試験場にて新型落橋防止装置の実物大暴露試験を開始しました。
2014.05.26
2013年11月、島根県松江工業高等専門学校で実施された【平成25年度中国地区耐候性鋼橋梁研究会兼鋼構造物の耐候耐久性研究会】の技術研究会で耐候性鋼橋梁研究会会員として発表させていただきました。
2014.05.26
2013年10月、株式会社リンクとの共同開発で照明柱等への適用が可能な【支柱路面境界部検査システム】が国土交通省新技術情報システム【NETIS】に登録されました。【NETIS登録番号:KT130057】
従来より大幅に工程が短縮され、経済的に優れたシステムです。技術の概要・各種お問合せは、NETISのHPまたは、弊社にお問合せください。
2014.05.26
【第1回MKシンポジウム】を無事開催することが出来ました。ご参加いただきました皆様に御礼申し上げます。
2013.10.15
【第1回MKシンポジウム】への参加申込、ありがとうございました。
本サイトからの申込受付は終了させて頂きました。
2013.10.03
10月3日時点までに【第1回MKシンポジウム】に参加申込をされた方については全員参加可能です。参加票の発送は近々事務局よりメールにてお送りさせて頂きますのでもう暫くお待ち下さい。
2013.07.12
土木技術職(建設コンサルタント)の中途採用を開始しました。
2013.06.20
第1回MKシンポジウム「これからの維持管理を考える〜アメリカと日本の最前線〜」の参加・申込を開始しました。
2013.05.09
2013.05.09
4月15日、社内技術の向上および産学官との交流を深めることを目的とした第三回定期勉強会(米国橋梁のリハビリ事情、ほか)を開催しました。
2012.12.17
12月13日、社内技術の向上および産学官との交流を深めることを目的とした第二回定期勉強会(鋼製橋梁の各種損傷調査、ほか)を開催しました。
2012.09.24
9月13日、社内技術の向上および産学官との交流を深めることを目的とした第一回定期勉強会(鉄道橋料における部材のディテールの標準化方法、ほか)を開催しました。
2012.07.23
橋梁新聞(6月21日号)の「橋に生きる顔(PDF)」にて竹渕取締役が紹介されました。
2012.07.23
橋梁新聞(4月21日号)の「MKエンジが始動、橋梁保全の総合エンジ(PDF)」記事が紹介されました。
2012.05.01
当社ウェブサイト(www.mkeng.co.jp)を公開しました。
2012.02.23
建設コンサルタント登録許可を取得しました。

その他

20180524_084615735_ios.jpg

2018.5.24

東北楽天ゴールデンイーグルスVS
北海道日本ハムファイターズ戦 観戦

弊社福利厚生の一環として、社員一同東京ドームで野球観戦を行いました。

Jリーグ移籍を発表した、イニエスタ選手のサプライズ登場に大いに盛り上がり、ビールも進みました。

社員の家族も参加し、非常に楽しい会となりました。